業務プロセスを効率化し優秀な人材を獲得する

採用支援システムを導入する目的は、採用業務を効率化し、優秀な人材発掘に貢献するためです。単に応募者のデータをリスト化し、試験の進捗をまとめるだけなら、確かに表計算ソフトだけで事足りるかもしれません。でも本来の採用業務は、企業にとって本当に必要となる優秀な人材を見つけ出し、確保することです。採用担当はそこに一番注力すべきで、膨大なデータ管理作業に時間を費やすべきでない事は当然ですよね。データはまとめることが目的ではなく、そこから分析を行って初めて活かせるもの。これはという候補者に自社をアピールし、的確な質問で相手の能力を見極めるといった本来の選考業務に特化出来るのが、システムの本当の威力です。

採用データを可視化することが課題

人材確保のために必要なのが、現時点での採用業務におけるムダの可視化です。選考通過率などを部門ごとに可視化し、面接官ごとのバラつきなどを分析することで、自社の機会損失などを洗い出す事も必要です。今までの歩留まりなどを知る事で、あらためて採用業務のムダを改善することこそ、今後積極的に行うべき人事の業務と言えます。果たして現在までに行われて来た採用活動は正解なのかどうか、それを常に分析検討して行くことが、今後企業を成長させる機動力となるのです。可視化は、これまで人事部門や該当部署でのみ管理されて来た業務を、企業全体を巻き込む重要な取り組みに昇華させる力を持っています。企業が本気で新しいパワーを取り込みこれからも大きく成長して行きたいなら、理想的な採用を具現化させる必要があるでしょう。

今後採用支援システムはどう変わる

採用支援システムは、アメリカで初めて人事管理などがIT化されてからスタートしました。現在では採用管理に特化され、世界中の企業でトレンドを押さえた優秀な人材確保に広く活用されています。日本ではまだすべての企業に深く浸透しているとは言えない状況ですが、グローバル企業の多くにすでに導入され、実運用されています。特に近年クラウド化が進んだことで、イニシャルコストが低く抑えられるようになったため、導入が加速していると言えるでしょう。システム的には、新卒や中途、アルバイトなど採用の内容ごとに特化したサービスも多く登場しています。今後は日本独特の採用事情などにも合わせた使い勝手の良いシステムが構築され、ますます導入が進められることは間違いありません。

アルバイト・パート採用管理システム「リクオプ」を運営しています! 訪日外国人に満足してもらう為の対応できるスタッフ募集にも自信があります。 メールでの問い合わせは24時間受付しています。 店舗へは通知メールでお知らせしやる気ある応募者を逃しません。 応募者を採用するまでの課題を解決いたします。 外国人の採用をしたい企業にも安心! 採用システムはこちらから

記事一覧