これからの採用支援システムは多言語対応が必須

世界に通用する人材を得るために

採用支援システムに多言語対応を求める声は年々高まりを見せています。つまりは、外国人を採用したいという国内企業からのニーズがそれだけ高まっているということ。この事は、内需縮小が更に進むことが明らかである日本で、あらゆるビジネスシーンにおける世界化が迫られていることを物語っています。こうした流れは業務業態を問わず、事業規模の大小にも左右されません。訪日外国人へのサービス提供、国際ビジネスに通用する優秀な人材の確保など、海外から人材を得たいと考える企業が増えているのです。一方で、外国人スタッフの採用がスムーズに進められているかと言うと、そう上手くは行っていないのが事実。従来の人事システムでは追いつかないため、支援システムへの要望が高まっているのが現実というところでしょう。

外国籍の人材確保のために採用支援システムを活用

例えば、現地支店を持つ企業が支店で現地スタッフを募ることはさほど難しいことではないでしょう。これが、日本国内において優秀な外国籍のスタッフを得るとなると、そう簡単なことではありません。現在外国籍の応募者を募りたいと考えている企業は少なくありませんが、従来の採用情報を単に翻訳したものを掲載するだけでは片手落ち。外国籍の求職者の応募意欲を向上させる内容にはならないのが事実です。まず、自社サイトが外国人求職者の興味を惹くサイトであること、リアルタイム性のあるコンテンツであることが重要。そして実際にこの企業で働いてみたいと思わせるだけの魅力あるサイトにするには、ノウハウを持った制作会社とダッグを組むのが一番です。多言語対応可能な採用支援システムを構築出来る会社を活用すれば、希望する求職者とWIN-WINのマッチングが可能でしょう。

応募から就業までトータルで設計出来る企業を

外国人の応募者を得るためには、応募の段階から選考などの途中経過、実際の就業まで一貫した設計が可能なシステムを構築することが重要です。単に日本人の採用と同じ方式を外国語に置き換えても、成功率は低くなってしまうでしょう。文化や考え方の相違を配慮した上で選考し、就労に関する手続きや就業規則の遵守などにおいても十分な説明がなされる必要があります。例え多言語に対応出来る人事スタッフが数人いたとしても、全体のシステム構築に辿り着くのは至難の業。やはり信頼出来る企業としっかり組むことが、大きなアドバンテージになるでしょう。

記事一覧