退職者が多い場合の採用支援システムでやるべき事

説明会で待遇や仕事内容などをしっかりと説明する

退職者が多い場合の採用支援システムでやるべき事の1つに、まずは自社の企業説明会を開いて待遇面や仕事内容などをしっかりと説明会に参加した人たちに伝える事が必要です。求人情報だけですと、それを見た人も多少は仕事や待遇について理解できますけど詳しい部分までも理解するのは難しいです。しかし、説明会を開いて待遇や仕事内容について分かりやすいように応募希望者たちに理解させることによって本当に働きたい人だけが応募してくれる可能性が高くなります。情報が求人情報だけですと実際に入社したけど求人情報で把握したイメージとは違っていたと感じてしまう新人社員も表れる可能性があり、結果的に長く続かずに退職者が多くなる可能性が出てきます。企業説明会を開催するのは時間と準備が必要になりますが、これも採用支援システムにおいて大事な仕事になるので、説明会はなるべく開くようにします。

自社に対して熱意がある人をなるべく採用する

採用支援システムとして大事な仕事になってくるのが、自社に対して熱意がある人をなるべく採用するということです。もし、熱意があまりない人を採用すると少し不満が出ただけで退職してしまう可能性もでてきますし、入社してからの仕事へのモチベーションも高くならない可能性があるので問題が出てきます。特に退職者が多い状況になっている企業では、熱意がある人材を集中的に確保していく事は必須ですので、面接などでうまく応募者の人物像を把握することが必要です。もちろん、スキル面やビジネスマナー面が身に付いているのかなどをしっかりとチェックすることも大事です。面接試験で熱意を判断できるような質問を多くする事によって、応募者のある程度の熱意は理解できる可能性があるので、面接の時にする質問内容もしっかりと考えるようにします。

退職する人が多くなっている理由を考える事

退職する人が多い状況になっている企業では、なぜそのような状況になっているのかを考える必要があります。働きにくい環境になっている可能性もあれば、仕事内容や待遇面などがうまく伝わっていない可能性もあります。そこで、なぜ退職している人が多くなっているのか、原因を探る事も必要です。原因がある程度、把握できればその原因を解消していけばいいわけですけど、もし原因が把握できていなければいつまでたっても退職者が減らないです。退職している人が多くなっている場合は、何かしらの原因がある可能性があるので、採用支援システムにおいてその原因を野放しにせずに、しっかりと把握して次の採用試験の時に長く続けてくれる人を採用していく事が必要になります。

記事一覧