採用支援システムの活用で自社サイトへのアクセス数を改善

サイトがあれば良いわけではない事実

採用への応募者を一元管理する採用支援システムは、日本でもすでに多くの企業が導入しています。クラウドサービスで提供されるものも増えているため、初期費用がリーズナブルに抑えられるようになったことも大きいでしょう。新卒採用に限らず中途採用にもアルバイト採用にも適したサービスが登場していますので、採用業務を一気に効率化することが可能。優秀な応募者を逃さず獲得するためには、もはや無くてはならないシステムとも言えるでしょう。ただ、一般的な採用支援システムは、応募者多数の場合に非常に活躍するのはもちろんですが、応募者そのものを増やすものではありません。つまり、単にシステムがあれば自社サイトの採用情報へのアクセス数が改善するというわけではないのです。そもそも、自社に興味を持ってくれる人材が増えなければ、意味が薄くなってしまいます。もはや売り手市場と化した日本では、その問題について放置しておくわけには行かないでしょう。

人を集める自社サイトにする能力があるか

これからの採用支援システムは、単に応募して来た人材をデータベース化し、面接や試験結果を管理するだけでは片手落ちです。しかも現代は売り手市場、優秀な人材はどの企業も強く欲しがっているわけですから、まずそうした人材を惹き寄せる手立てが必要です。そのためには、まず、自社の採用サイトに人を集める力のある支援システムである必要があります。求職者の目を惹く魅力的な採用コンテンツを制作し、興味を持たせ、自社サイトへのアクセス数を改善する秘策はあるのです。当然、基本となる管理機能が充実していることは絶対ですが、パイを広げて応募者の数を増やす能力のあるシステムは、心強い味方になります。

サイト制作から管理機能まで幅広く支援

自社サイトは、今の企業にとっては命綱とも言える大切な「顔」です。もしアクセス数が奮わないようであれば積極的に検討し、優秀な人材が集まるよう早急に改善する必要があるでしょう。制作からアフターフォローまで任せられる支援システムもありますから、本気でサイトを育てたいなら是非活用すべきです。コンテンツが魅力的かつリアルタイム性があること、見やすく使い勝手の良いシステムであることは大前提ですから、課題は即座にクリアしましょう。単なる管理システムにそこまで求められるものなのかと訝しむかもしれませんが、実際に時代はそこまで来ているのです。

記事一覧